Home › Blog › Category › 日記

raven

イギリス産テキストADVゲーム「Fallen London」がすごく面白いよ!! という話をまだこちらでしていなかったので、改めて紹介記事を書いておきます。

まずはオフィシャルPVと公式サイトをどうぞ!

Fallen London · Failbetter Games
https://www.failbettergames.com/fallen-london/

「Fallen London」はロンドンのゲームメーカーFailbetter Gamesが運営している基本無料ブラウザゲームです。今年iOSとAndroidにも対応したのでスマホでも遊べるようになりました。

ジャンルは選択肢で読み進めていくタイプのテキストアドベンチャー。パラメータに応じた成否判定を重ねつつ展開するTRPGめいたゲームです。スタミナ時間回復制で、課金要素は主に「スタミナ上限が上がる上に毎月特別エピソードを読める月額制プレミアム会員」と「プレミアム会員とはまた別に存在する有料エピソードを読むための課金チケット」の2点(あと課金チケットでスタミナ回復もできるよ) 普通に遊ぶ分には課金しなくても十二分に楽しめます。課金要素=外伝物語拡張なので、より深くフォールン・ロンドンを知りたくなった人向け。

基本のゲーム画面はこういった感じで、上部に配置されたカードデッキがランダム発生イベント、下部に配置されたカードが常設(一部は期間限定)イベント。好きなクエストを読み進めて適宜現れる選択肢を選び、エピソードを消化していくスタイルです。

shot

イベントを読み進める度にこういった感じで成否判定やそれに伴うパラメータ変化、アイテム取捨がリザルトとして表示されます。カード以外にはイベントCGの類も無いので、完全に文章だけを読んでいくゲームブック。

shot

PVの通り舞台は諸事情で地下世界に引きずり込まれてしまった19世紀末の闇堕ちロンドン。プレイヤーは何らかの事情で地上世界から落下してロンドンの住民となり(落下理由もある程度選べるよ!)作家として名声を得たり、探偵として失踪事件や殺人事件を追ったり、悪魔の下で事務のアルバイトをしたり、スーパー阿片窟でヤク漬けになって日がな一日ハッピーな夢を見たり、狂気の海に出航してSAN値を爆発させたり、好きに過ごすことができます。あと空き巣も強盗も殺人もできる。自由度の高さが明後日の方向にすごい。

このようにゴシック・オカルト・クトゥルフ・スチームパンク・退廃小説あたりが好きな方に断然お勧めしたいFallen Londonなのですが、現時点で言語は英語のみで他言語対応の予定は無いようです。テキスト量が150万ワード相当とあまりに膨大なので今後も余程のことがない限り翻訳はされないと思います。このゲーム、スマホ版のリリースこそ2016年なのですが元々ブラウザ版は2009年リリースでして、継続的に毎月有料会員用の物語を公開し続けている驚異のサービス精神と歴史の厚さがまた翻訳版リリースの難しさに拍車をかけているという……。そしてテキストがほぼ文語体のイギリス英語なので、求められる英語力も高めです。

そういった訳で言葉の壁が苦しい方に少しでもFallen Londonの魅力を伝えられたらと思い、ゲームプレイ記録を独自に翻訳・翻案して連載小説形式に書き起こすリプレイ的なTwitterアカウントやってます。6月スタートでそろそろ3ヶ月。時間が経つのは早い。PVで雰囲気に惹かれた方は是非ご覧頂ければと思います。

↓Fallen London翻訳小説Twitterアカウント

avt

時系列順に始めから読みたい方はこちらから。→ Twilog

とはいえテキストADVでブラウザゲーなので、文章をそのままコピペしてWEB翻訳にかけまくるという手も使えます! 基本的に「取り返しのつかない・やり直しのきかない」選択肢は無いゲームなので、なんとなく雰囲気でざっくり進めても大丈夫だ! ゲームを始める為に必要なものはメールアドレスだけ! 闇堕ちロンドンの住民になってみたい方は是非プレイしてみてください。

↓具体的なアカウント取得方法や遊び方は後編の記事にまとめました。

Fallen Londonのすすめ後編

 

▼PCでのゲーム登録はこちらから!
http://fallenlondon.storynexus.com

▼iOS版で始めたい方はこちら!

Fallen London
カテゴリ: ゲーム
現在の価格: 無料

▼Android版で始めたい方はこちら!
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.failbettergames.fallenlondon

ut1

Undertaleリリース1周年おめでとう!

私は実際に遊び始めたのが10月初旬だったので出逢ってからまだ1年に手が届いていないのですが、こうして1周年のお誕生日をお祝いできてとても嬉しく思います。英語圏の「はーとふる彼氏」fandomの間で当時よくUndertaleの話題があがっていて、「Undertaleのプレイヤーを驚かせる手法はHatoful Boyfriendに近いものを感じる」というレビューを何度か見かけたことから興味を持ってSteamにアクセスしたのが全ての始まりでした。Undertaleに引き合わせてくれた海外はと彼勢にはとても感謝しています。お陰で本当に素晴らしい体験ができました。思い出はゲームの中だけに留まらず、Undertaleを通して様々な出会いがありました。海外のジャンル仲間、クリエイター仲間と実際に会う心理的ハードルも随分下がったように思います。(今年の内にあと一回ぐらいアメリカに行けたらいいな!)

この一年主にTwitterであまりに暑苦しくあれこれ語ってきましたので、敢えてここで多くは語りません。改めて、最高の時間を、日々を、一年をもたらしてくれたTobyに心からの感謝を!

 

また、Tobyから翻訳OKとのお達しがきましたので以下公式関連のポスト2件日本語訳作りました。何分翻訳に関しては本業ではないので拙い部分もあるかと思いますが、お役に立てましたら幸いです。

Undertale1周年の挨拶 – Toby Fox

Undertale1周年記念Q&Aコーナー

 

zine
少し時間差になってしまいましたが、ZINE文庫ありがとうございました。今回発行した新刊「はととダム はじめての万年筆」は夏コミ(二日目)にも搬入予定です。今回「本は気になるけど関西は遠すぎて無理!」と断念された関東の方は、こちらでお求め頂ければと思います。

続きまして8/31〜9/6、大阪LUCUA1100で開催の鳥雑貨展toriholic at LUCUA1100にも参加させて頂く予定です。夏コミの準備もありますので新作はご用意できないかもしれませんが、こちらも宜しくお願い致します。

すっかりART COCKTAILさんの企画展常連になった感じがします。何かと普段の創作業が俗いので「本当にここに居ていいのかな……!?」と心配になることも度々ありますが、受け入れてくださるART COCKTAILさんの懐の深さに感謝しつつ自分なりのアートを追究したいと思うのでした。いつもありがとうございます!

13746041-7BAC-4420-9793-1ABE0C2CBD4D

ご覧くださいこの! この、ハト! ドバト感のあるハト!
すばらしきハト名刺ケースを!! イェーイ!!

と興奮をお伝えすると共にハト担当の方向けにあからさマーケティングをせねばとブログ更新にやってきました。

大阪の中津(梅田駅から一駅なので大阪駅からもすぐです)に着物+革製の鞄を取り扱っているZIZZというお店がありまして、その独特の風合いや丈夫さがお気に入りで学生時代からよく通っています。
サイトにもある通り基本的には完成済みの鞄を販売してらっしゃるのですが、タイミングによってはシーズンごとに店主さんが仕入れてくる着物地から好きなものを選んで制作してもらうセミオーダーも対応してらっしゃるんですよ。

そして! 今春! 遂にこれ以上ないぐらいの! 鳩デザイン生地が! 入荷されました! 見てこれ! 広い面積で見ると更にハト感が伝わると思う!! ポッポー!! ZIZZには長年通って毎シーズン新入荷デザインをチェックしていますが、ここまでハトハトしいものは相当珍しいんですよ!
鞄は勿論のこと、上の例のように名刺ケースや、ブックカバー等の小物を作って頂くこともできるのでハト担の方、如何でしょうか?
セミオーダーの場合、着物地の実物を見ながらデザインの配置の相談もできるので実店舗での注文がお勧めです。上の名刺ケースの場合「灰色頭の丸みがたいそう素敵なので他をぶった切ってでもこの子をメインで見えるように配置してください!」というリクエストでお願いしました(結果ぶった切られた右ポッポ)(一方ケース内側にも全身鎮座している灰色頭ポッポ)

こちらの鳩柄、今週はじめ時点ではまだ生地に在庫がありましたが、量は多くないので気になる方はお早めにとのことでした。お見逃しなくどうぞ。

 

この一週間、体調を見ながら生活時間の調整をしていました。久々に竹刀を引っ張り出してきて日の出・日の入りに振り回しているんだけれど、昔より随分重く感じる。筋肉が弱ってるんだろうなー。

123F2824-2054-4B90-B839-709792516CFF

4 / 14« First...23456...10...Last »