Home › Blog › Category › 日記

jaku

先月末に出た別冊太陽の伊藤若冲特集がカッコイイという話。

若冲生誕300年記念で作られたそうで、有名所をざっとおさえたベストアルバム的な1冊です。雑誌は美術展図録より取り回しがイイ感じなので、仕事場の手近な棚に置いていつでもササッと閲覧できるようにしておこうと思って購入しました。

いやあ、安心安定の鳥まみれなんですよ……素晴らしい……まあハトは少ないんですけど……。個人的に若冲といえばやはりやけに強そうなニワトリってイメージなんですが、実際ニワトリがもりもり収録されておりました。ニワトリに次ぐニワトリ。
あとキンケイも何羽か載ってたんだけど、若冲御大の描くキンケイってやけに頭の毛が白いんですよね。あれってどうしてだろう。江戸時代なら実物を見ることもできたと思うけど、実際やけに白髪なキンケイがいたんだろうか。

それにしても本当に訳がわからないぐらい絵がうまい。スケールが違う。カッコイイなあ。

oya

そういう担当医だったんですよ!

仕事場の立地の関係で今は別の歯医者さんにお世話になってるんですが、ジョーク先生元気にしてるかなーとふと思い出したので振り返ってみました。

kakapo

ニュージーランドからカカポの里親証明書とカカポぬいぐるみ(中)が届いたぞ!!

「はーとふる彼氏」でも一瞬登場しますが、カカポは動きも見た目もモッサモッサしているニュージーランド固有のオウムです。あまりにモッサモッサしている上に空も飛べないので人間が連れ込んだ捕食者によって絶滅寸前でして、現地では保護団体が保全に死力を尽くしているぜ! というのが現状です。

というわけでカカポ保護団体Kakapo Recoveryで養子縁組してきました!

Adopt a Kākāpō | Kākāpō Recovery
http://kakaporecovery.org.nz/adopt-a-kakapo/

こちらの説明にもある通り、里親といっても形式的なもので要は活動支援の寄付です。リストの中から支援したいカカポを決めて、規定額以上を振り込めば里親証明書とカカポぬいぐるみが送られてくるという仕組み。海外発送も対応で特に追加送料的なものは必要ありませんでした。

下限寄付額は100NZD(現在のレートで約9,000円)、250NZD(約22,000円)、500NZD(約45,000円)の三段階。額面に応じてぬいぐるみのサイズが大きくなるらしいです。私が受け取ったのはカカポ(中)なんですが、これでも思った以上にデカい。30cm超ある。カカポ(大)は一体どれほどの大きさなのか。

寄付にはPayPalアカウント+クレジットカードが必要になります。あと、日本アカウントだとDonateははじかれてしまう事があるので(私はダメでした)、その場合はメールで直接Kakapo Recoveryに問い合わせれば直接送金の方法を教えてもらえます。

貴方も里子カカポ(概念)をご家庭に迎え入れてみませんか!

kakapo

年明けと共にインフルエンザA型に罹ったので、今更ですがインフル漫画描きました。主に検査を受けるタイミングや費用について。まだまだしぶとくインフル暗躍中らしいので皆さん油断せずにお気を付けて!

f1

f_002

f_003

f_004

f_005

10 / 14« First...89101112...Last »